日本代表 2018 ユニフォーム ホーム 半袖ご紹介!


本日は、サッカー日本代表の戦闘服を紹介するつもりがあります。皆様は最新シーズン、すなわち「日本代表 2018 ユニフォーム 」を持ち帰りましたか。

このたびは、日本代表 2018 ユニフォーム ホーム 半袖を改めて簡単に紹介します。今大会で日本代表着用される1点の写真はこちら。

日本代表 2018 ユニフォーム ホーム 半袖のメーカーブランドは1998年に契約を結んだドイツのスポーツメーカーである「アディダス」です。アディダスが日本代表 ユニフォームのスポンサーとして、歴代 日本代表 ユニフォームのデザインも心を込めて作り出したものだと言えます。

「サムライブルー」が6回目で2018ロシア大会の出場する前に、アディダスがテーマは「勝色」というホーム ユニフォームを発表しました。

アディダス 日本代表 ユニフォームにご興味があれば、ここをクリックしてすぐ注文できます。

見かけ:

アディダスが今シーズン発表された代表 サッカー ユニフォームのデザインを比べると、斬新の日本代表 ホーム ユニフォームは旧モデルへのオマージュではなく、日本の伝統文化を含めて作りました。

過去の「サムライブルー」と違って、新ユニフォームは日本の伝統色である深く濃い藍色を意味する「勝色」を採用しました。

詳細:

ユニフォームのフロントは伝統的な藍染めとジャパンブルーの原点に立ち返ることで日本の勝利をイメージしました。デザインには歴史を防ぐ糸をイメージした「刺し子柄」を採用。

エンブレムの上は前続き「国旗」を配置されています。

首元の内側には、過去5大会分のユニフォームの象徴的なデザインを組み合わせたロゴを配置。過去20年で積み重ねてきた歴史や経験を背負い、勝利をもぎ取る強い意志を表現。

丸みを帯びた着丈の形状により、よりモダンなルックスを動きやすさを両立。

生地:

前大会の軽量で優れた換気の「adizero」テクノロジーと違って、今大会は2~3分水に浸し、軽く絞って身につけるだけで即冷却ができるの「Climachill」を搭載しています。